ウッドデッキの手入れ❷

ウッドデッキは一戸建て住宅などのベランダとして良く使われますが、塗装などで保護しないまま使うと天然の木なので、気候条件の悪さによって外観上の見栄えが悪くなってしまいます。

日光に晒されると表面が劣化しますし、特に雨ざらしで使うと1年もしないうちに、銀白色化してしまいます。

ウッドデッキの外観を維持したり、耐久性を上げて長持ちさせるには手入れをする必要があります。

ウッドデッキの手入れをするのに使われるのが木材保護塗料です。

ウッドデッキを作った後に、木材保護塗料を塗れば、木材の外観の劣化や耐久性を飛躍的にあげる事ができます。

さらに、3年から5年おきに定期的に木材保護塗料を塗り替えれば、ウッドデッキの外観と耐久性をさらに長期間維持できます。

ced134930c273e93333190d1d8e7ecf3_s

2017-07-29T15:19:21+00:002017/07/29|ブログ|
お電話はこちらから
メールはこちらから