ウッドデッキの手入れ❶

ウッドデッキがあることで日向ぼっこをしたりバーベキューをする、布団を干すなど活用することができます。

ただウッドデッキはしっかり手入れをしなければ、雨や紫外線が直接あたるので、想像以上に劣化が早く進んでしまいます。

植木鉢やプランターを置いてガーデニングを楽しみたいと感じることがありますが、底部分が湿気を帯びてカビや腐食を発生させることになります。

さらに木製素材のウッドデッキは紫外線があたると銀白色化してしまい、美観を損ねたり釘などが浮き上がっていて危険です。

そのため紫外線や湿気から保護するために、木材保護塗料を定期的に塗ったり、気候によっては雨があたらないようにカバーシートで覆うなどの管理が必要です。

ca3e18847c735f4566c742ac785bbbd1_s

2017-07-03T17:39:34+00:002017/07/03|ブログ|
お電話はこちらから
メールはこちらから