About longevity

This author has not yet filled in any details.
So far longevity has created 179 blog entries.

外構工事の注意点って?

2018-10-08T14:40:41+00:002018/09/14|ブログ|

外溝工事で失敗することがないように、いくつかの注意点をしっかり心得ておく必要があります。まず新築であれば、建物の計画段階から外溝工事の計画も同時進行で進めていきましょう。門やアプローチ、庭はその家の顔とも言えます。後から付け足すのではなく、大切な家の一部として計画を立てていくことが大切です。 […]

外構工事の相場価格について:アプローチ編

2018-10-08T14:37:02+00:002018/09/08|ブログ|

一戸建ての場合、家だけでなく庭など家の周りの雰囲気も重要になってきます。外構から家の玄関までの部分をアプローチと呼びますが、そこに木を植えて華やかにしたり駐車場を設置するなど、家によって様々な用途で作ることができます。 […]

外構工事の計画段階のポイント

2018-08-26T15:17:58+00:002018/08/26|ブログ|

工事前にライフスタイルを考える 外構工事は建物が建てられた後に施工されるものですが、その時点では関連設備すでに工事が完了しているなど、制約を受けているのが通例です。外構工事の計画段階では家族構成やライフスタイルのことを忘れてはなりません。もし将来において、家族が増える可能性があればそれに見合ったプランニングをしなければならないのです。 具体的には生活のイメージに合致した配置を考えて、概算予算を立てるところから始まります。外構工事によってその家全体のイメージが大きく変わりますので、その建物のデザインとの整合性も大事な観点になってくるのです。専門知識を有するプランナーとじっくり相談をしながら、緻密にプランニングを行う姿勢を忘れてはなりません。 エクステリアのイメージが大切 外構工事を成功させるためには、計画段階が最も重要となってきます。敷地をどう使いたいのかあらかじめ配置を決め、イメージすることが大切です。庭には何を置いてどのような配置にするか、駐車場が必要な場合には何台分必要で、どれくらいの車の大きさなのかによっても変わってきます。現状所有している車でのイメージも大切ですが、今後大きな車を買う予定があるのならそれも踏まえて考えていく必要があります。 また、隣近所との間隔や立地も考えて配置を決める必要もあります。雨などによって敷地内に水が溜まらないように高低差を付けるために、なだらかな傾斜を付ける必要もあります。外構工事を成功させるには、回りの構成と自分のイメージをしっかりと決めることが大切です。

カーポートを設置する前に読んでおきたいオススメとその選び方

2018-08-21T15:11:10+00:002018/08/21|ブログ|

カーポートの使い勝手を考える カーポート(エクステリア)は大切な車を雨風から守る役割をするものです。現在では多種多様なものが販売されておりますが、機能はもとよりエクステリアの一つとしての面もあります。家屋や庭に調和して景観を損ねないものがおすすめです。選び方はその機能面はもちろんですが、車のサイズや間口、駐車スペースと全面道路の位置や駐車台数など使い勝手の良さも重要なポイントです。また隣家との境界線も考慮するものの一つで、積雪や水はねで迷惑をかけないようにすることも大切です。 カーポート選びは慎重に カーポート(エクステリア)は一度設置してしまうと、まず交換することのないエクステリアです。そのため、購入するときには後で後悔しないように十分に検討して選ぶことが大切です。選び方で最重視するのは現在住んでいる地域で、全てのカーポートには耐風圧と積雪強度が表示されているので、その地域に合ったカーポートを選ぶことが重要です。豪雪地域なら100センチ以上の積雪強度を持つものを選ぶようにしましょう。 また、駐車する車のサイズに合わせたものを購入してしまうと、大きな車に買い替えた場合に収まらなくなることがあります。車のサイズでは無く敷地に合わせた大きさのカーポートを建てることが将来的に使い勝手が良くなるのでおすすめです。

注文住宅の外構・造園工事の費用相場

2018-08-17T14:51:48+00:002018/08/17|ブログ|

注文住宅の工事費用は高くなりがち 注文住宅を建築する場合は、建売住宅などよりも工事費用が高くなってしまうことが少なくありません。 建物価格には外構・造園工事などは含まれていないため、個別に依頼することになります。注文住宅を建てる場合の外構・造園工事の平均的な相場は、建物本体の工事価格の約10%程です。建物価格が約2,500万円程の場合は、その10%なる250万円前後が外構・造園工事の平均的な相場になります。 外構・造園工事にはフェンスや門や駐車場などが対象となるため、自分で考えている以上に多くの資金が必要になるのが大きな特徴です。屋根付きのカーポートなどを考えている場合は、この価格に加えて費用がかかることもあるので注意しましょう。注文住宅を建築する場合は、初めから外構・造園工事の費用を見込んで資金計画を立てていくことが大切です。 エクステリアは初めに考える 家は多くの人にとって人生最大の買い物で、経験する機会は一度かぎりの人が少なくありません。注文住宅と分譲、一戸建てとマンションは生活スタイルに直結するので初めに決めておきたいことですが、立地条件からデザイン、設備に至るまで自分のこだわりを実現できる注文住宅は文字通り自分の”城”といっても過言ではありません。 一度きりの機会かもしれないと思うと希望をすべて実現したいと思うのは誰も同じですが、限られた予算内では取捨選択も不可欠です。外構・造園工事は日常生活の利便性と直結しないためにおろそかになりがちですが、せっかくの自分の”城”、顔ともいうべき外面も飾りたいものです。エクステリアには建築費用の1割程度が相場と言われていますが、あとは、初めに備えておくものと後から追加できるものを区別して計画すると効果的です。

フェンス選びに失敗しないオススメのフェンスとその選び方

2018-09-22T20:37:17+00:002018/08/10|ブログ|

フェンスの目的をまず考える フェンス(エクステリア)の選び方のおすすめのポイントは、目的をしっかりともって選ぶことが大切です。例えば人通りが多い通りに面していて、プライバシーを守るためにフェンス(エクステリア)が必要ならある程度の高さが必要ですし、目隠し機能があるデザインのものを選ぶのがポイントになります。敷地の境界線をはっきりさせるのが目的なら、メッシュタイプのように開放感があるデザインのものがおススメです。 防犯目的なら乗り越えるのが難しいちょっと高さがあって、先端が剣のようにとがっているものを選ぶというように、目的に合ったものを選んでいくことが大切です。デザインや素材などいろいろと種類があるので、目的に合うフェンス(エクステリア)を選んでいきましょう。 フェンスの素材と組み合わせ 家の敷地と外とを隔てるフェンス(エクステリア)には様々な素材と形があります。生け垣、レンガやコンクリートなどのハードウォール、ブロック塀、アルミの柵のような目隠しフェンス、そしてハードウォールとフェンスの組み合わせ、ブロック塀とフェンスの組み合わせといったことになります。 その中でおすすめとして挙げるならば生け垣です。金属やブロックなどのほうが壊れにくいのでフェンス(エクステリア)に向いているように思えるかもしれませんが、防犯効果ということを考えると生け垣に枝が多いもの、棘のあるものを植えておくことで入りにく状況を作ることができます。 それ以外のことを考えての選び方というと、設置するスペースが有るかどうかです。生け垣は土が必要ですし、木が育っていくのである程度の厚みが必要です。狭いところでフェンス(エクステリア)を設置するとなれば目隠しフェンスやハードウォールなどのほうが向いています。

外構エクステリアリフォームに適してた時期とは?

2018-08-06T14:37:48+00:002018/08/06|ブログ|

外構工事が最適な時期 外構エクステリアリフォームに適した時期をご存知でしょうか? 最も最適な時期はズバリ「春」です。春は気候も良く安定していることから作業日程が立てやすいだけではなく、コンクリートやコーキングなどが固まるまでの目処を立てやすく作業能率が高くなります。 その一方で「夏」は猛烈な暑さで作業能率が落ち、「秋」には台風で工事が中止になったり部材を傷めることがあり、「冬」は地域によっては雪が降り、日照時間が短くなることで作業時間が短くなってしまいます。また、施工に必要となる部材も新製品との入れ替わりの時期で、旧製品は在庫処分などで安く仕入れることが可能となるため、費用も全体的に安くなる傾向にあり、少しでもリーズナブルに外構エクステリアリフォームを行うなら狙い目の時期と言えます。 工事時期の目安 エクステリアリフォームを行う時期の目安は、一般的には10年から15年程度といわれています。10年以上経過すると外構のあちこちに傷みが目立ち始め、新築時の美しさが損なわれてきます。また外構に関する新製品やデザインも登場して、今まで使っていた物より良いものを選ぶことが可能です。 もちろん傷みが目立ち始めていなくても、外構の状況が現在のライフスタイルと合わなければ、エクステリアリフォームを考えましょう。例えば車の台数が増えて駐車場が必要になったり増改築をしたりするすときにも、エクステリアリフォームをして外構をライフスタイルに合わせて下さい。暮らす人のライフスタイルの変化も、エクステリアリフォームをするタイミングでは需要です。

外構工事の実情について

2018-07-28T14:20:14+00:002018/07/28|ブログ|

外構工事を住宅メーカーに依頼した場合 外構工事が必要になり住宅メーカーに工事を依頼した場合、住宅メーカーは元請業者になります。 しかし実際に工事をするのは下請業者ということは頭に入れておいてください。工事中に顧客の要望で追加工事が発生した場合、顧客の中には中間のマージンを考えて下請業者に直接工事を依頼する人もいます。顧客に依頼されて下請業者が工事を請け負うかというと、その確率はゼロに近いです。 住宅業界には暗黙のルールがあり、元請業者の顧客を取らないこともルールのひとつだからです。暗黙のルールを破ってしまうと、常識のない下請業者だというレッテルが付き、元請業者から仕事をもらえなくなります。 住宅業界は保守的で狭い業界です。特に地方に行くとその傾向が強くなります。地域密着型の工事を行っている場合は、元請業者と友好関係を築いておくことが重要です。 外構工事会社が生まれた背景 日本の外構工事は昔から独立して成り立っていたわけではありません。30年ほど前までは外構工事会社というものは存在しませんでした。 造園業や左官屋がその仕事を家を建てることの一部としてやっていました。その後住宅を建てることとは別に外構を設計する考えが生まれました。とはいえハウスメーカーの外構は総て下請体質になっており、住宅の検査後に工事が始まるので公的機関の検査は殆どないというのが実情です。そのようなシステムになっているので、建築基準法に従わなくても咎められることはないというのが実情です。施工職人で国家基準資格を有している人はほんの僅かな人しかいません。そのためもし外構を頼もうと思ったら資格を持った人がいる会社を選ぶことが安心だと言えます。

外構工事の計画段階のポイント

2018-07-20T14:15:18+00:002018/07/20|ブログ|

建物を建築した後に外構工事を行いますが、関係する生活設備はすでに施行されているので制約があることが多いです。 外構工事の計画では家族構成やライフスタイルも重要で、将来家族が増える予定がある場合は、状況に合ったプランニングが必要になります。 失敗しない予算の決め方 まず暮らしのイメージに合った配置を考え、大まかな予算を立てましょう。理想のプランを実現するには、事前の計画が必要不可欠です。どこに何を作るのかを配置を含めて明確に決めておくことが大切です。外構工事によって家全体のイメージも変わるので、建物デザインとの一体感も重要になります。外構の種類には2種類あり、日本の建築はプライバシーを重視したタイプが多いです。オープン外構は、敷地の周辺に門や塀などを作らずに草花や樹木を植えるタイプです。欧米で多いタイプで、開放的で費用も抑えられます。希望のタイプを担当者に伝えて、細かい部分の計画を詰めていきます。 外構工事の予算 建物以外の外回りの工事を外構工事と呼びます。外構工事には玄関アプローチやフェンス、カーポートに加えて植栽や造園も含まれます。 外構工事の計画段階では住みやすさを考えて配置をイメージします。専門知識を持つプランナーと相談をしながら、丁寧にプランニングを行うことが大切です。 外構工事は予算に合わせて行いますが、外構スタイルによって費用が異なります。欧米で多いオープン型だと敷地の境界線にフェンスを設けないので費用が安くなりますが、防犯対策の検討が必要です。敷地の境界線に高い塀を設けて外部からの視線を遮断できるタイプだと、プライバシーを守ることができます。オープン型に比べると建材を多く使うので、費用は高くなります。予算を考えて、できるだけ希望にマッチした外構工事が実現できるようにプランニングを行います。

お電話はこちらから
メールはこちらから