longevity

/longevity

About longevity

この作成者は詳細を入力していません
So far longevity has created 206 blog entries.

外構工事完了後のメンテナンスについて

2019-08-17T15:48:03+09:002019/08/30|ブログ|

保つためにはメンテナンスが必須 外構工事完了後には、定期的なメンテナンスをすることによって施工当時のような美しい外観を保つことができるようになります。施工した内容によって、時期や必要な処理などは異なりますのでメンテナンスの事も含めてあらかじめ相談するのがお勧めです。外構工事に限らず、住宅づくりにはメンテナンスは必要不可欠となります。必要な手入れを欠かさないことで、外構の寿命も長くなりますので施工の費用があまりかからずに美観を保つことができる方法を選ぶのがお勧めです。メンテナンスとしては、ひび割れの処理や変色の塗装やその他経年劣化を起こしている部分の施工をするのが一般的となります。定期的に確認をしてくれる業者なら、安心して依頼できます。 業者でなくてもメンテナンスは可能? 外構工事はお庭を綺麗に整える事や希望に応じたリフォームが行なえますが、工事完了後にもメンテナンスしておく事で美しい状態を保つ事ができます。フェンスやコンクリート、タイルなどの破損や汚れをチェックする事は、自分でも比較的簡単に行えるメンテナンスです。またガーデニングのお手入れは自分で行うには大変な部分もありますので、外構工事会社のアフターサービスを利用する方法もあります。プロの視点から適切な時期にメンテナンスを実施してくれますし、丁寧できめ細かい作業が綺麗な庭として維持する事にも繫がります。専門の会社ならではの知識がありますので、芝生やコンクリートなどが劣化する前に判断できるという点もメリットです。

2019年 外構工事のトレンドについて

2019-08-17T15:36:46+09:002019/08/23|ブログ|

今年のトレンド 2019年の外構工事のトレンドは、緑を適度に使って涼しげでメンテナンスの手間や費用があまりかからないタイプが人気を集めています。外構は、お金や手間を掛ければいくらでも豪華になりますが継続し続けるのは大変です。手間やお金をあまりかけずにきれいな状態を保つことができる材料を使って、コストパフォーマンスを重視した外構工事がトレンドです。海外の戸建て住宅のように、外壁を取り払ってカーポートをエントランスの部分に作る外構も流行しています。庭を造るかどうかも一つのポイントとなりますが、庭も手入れが必要になりますので忙しい子育て世代では、手がかからないように雑草の生えない土を使うなどの工夫をする事例が多いです。 注目されている木造化・木質化 近年の外構工事のトレンドは、リビングコーラルなどの生き生きとした色を活用し、自然をイメージさせることがトレンドになりそうです。今まで素材としてあまり使用されてこなかった木造化・木質化が注目されており、施工主には積極的に素材として勧めていく方向です。門扉から玄関まわりのラインは、家のイメージを決定する大事なポイントといえます。以前は飛び石などの日本風庭園が流行したこともありましたが、住人の高齢化が進んでいることからバリアフリーの考えを取り入れた外構工事が人気です。凹凸を無くしたり、通路の水はけを良くするなどの工夫が求められます。デザインは自然や木目を意識したものが注目されており、耐久性の強い素材が求められています。

外構工事をする際に気をつけるポイント

2019-08-17T15:33:41+09:002019/08/17|ブログ|

気をつけるポイント その1 外構工事をする際に気をつけるポイントとしてもっとも重要なことは、使い勝手を具体的にシミュレーションして考えるということです。住宅の中で生活をする動線を考えるのと同じように、敷地の入口に入ってから玄関までの動線がどうなるか、駐車スペースや駐輪スペースからはどうなっているのか、水栓から水を撒く場所へは適しているのかなど、様々なシミュレーションを行う必要があります。具体的なシミュレーションを行うことによって、使い勝手についての失敗を防ぐことにつながります。 また無駄に広い場所やデッドスペースを作らないことも大切です。本来確保するべきスペースを犠牲にしてまで広いスペースを取ってしまっては、住んだ後にストレスになることが考えられます。計画の段階で、スペース確保の優先順位をよく考えましょう 気をつけるポイント その2 次に気を付けるポイントは、事前にしっかり計画を練ってから外構工事を実行することです。特に計画の中でも費用面についてはあらかじめ決めておく必要があります。相場が分からないため素人は中々費用がどれぐらい掛かるのかを知らない人がほとんどです。あれもこれもと工事個所をたくさんにしてしまうと、あっという間に費用がとんでもない額になっていたという人も少なくありません。後は逆に費用を抑えすぎたせいで後々になって必要な工事をしてなかったと言う人も居ます。 例えば駐車場の照明などです。駐車場は作ったのですが、費用の関係で証明は作らなかったとします。後になって不便なのでやっぱり照明を付けてもらうことにしました。結局追加費用+工事代金が掛かるので一気に工事をするよりか高く付いてしまいます。費用を抑えるのも良いですが絶対に必要なものは付けるようにしましょう。

外構工事の費用を下げるポイント

2019-08-17T15:40:29+09:002019/08/11|ブログ|

見積もりサイトで相場を調べる 外構工事をするための費用を下げるには、見積もりサイトを利用する方法があり、これは誰にでも簡単にできることです。サイトの探し方は、「自分の地域・外構工事・見積もりサイト」を入力し検索すれば1ページ目に出るでしょう。厳密にはサイトにより利用の流れはことなりますが、まずは、フォームにて自分の個人情報やどういった工事をしたいのか、その他の特記事項などを入力します。この際に、価格を安くしたいということであればそれを特記事項に記載するのがおすすめ。時間は基本的に数分程度で終わるような入力量になります。その後サイトの運営スタッフから連絡が来て、業者を紹介してもらうことに。現地に来て見積もりを出してもらうことになりますが、A社ではこれくらいで対応してくれると言っていましたというと、値下げに応じてもらいやすくなるでしょう。値引きの話が苦手な人は、交渉を代行してくれるサイトの利用がおすすめです。 数社に見積もりし余分なコストを省く 外構工事の費用は、素材やデザインや安全性や耐久性などにこだわるとあっという間に高くなってしまいます。アプローチや門やフェンスや駐車場やテラスなどの工事を一気に行うとなると費用はかさみますし、敷地面積が広ければ広いほど費用は高くなります。外構工事の費用を下げるためのポイントとしては、何社かに見積依頼をして徹底的に比較をして業者選びをする、素材やデザインにこだわらずなるべくシンプルに仕上げて無駄が生じないようにする、アプローチのコンクリート打ちやフェンスの面積を最小限に抑える、DIYを取り入れるなどがあります。テラスやフェンスは、DIYが可能な部分です。ホームセンターなどで安く材料を購入して、費用を抑えましょう。

外構工事は複数業者に見積り依頼をしたほうがいい理由

2019-08-17T15:46:12+09:002019/08/02|ブログ|

施工業者によって費用に差がある 外構工事をおこなう際、1社にのみ仕事を依頼するのではなく複数の専門会社に見積りを依頼した方がいい理由は、各会社で提示する費用に差があるからです。外構工事には決まった金額が存在せず、会社によって施工方法は大きく異なります。専門知識を有している方なら、外構のデザインや設置する設備など細かく施工会社に指定をして大まかな費用の算出をすることも可能でしょう。しかし素人の場合はそれが不可能で、1社にだけ仕事を依頼すると会社側が提示する金額をそのまま飲み込むことになります。外構工事にはこれといった決まりもないので、たくさんの会社に工事の相談をすればそれぞれの見積り金額と工事内容を吟味して、より良い工事に着手できます。 悪質業者を見分ける手段になる この作業が重要な理由は、似たような施工内容でも業者によって掛かる費用が違っているからです。悪質な業者も存在しており、極端に高い費用を請求されるケースも少なくありません。迂闊に頼んでしまうと、そうした業者に当たってしまうこともありますので、他のところからも見積りを出してもらい、適切な費用なのか見極めるようにしましょう。また、色々なところの見積りを確認することで、よりお得に依頼できる業者も見付け出しやすくなるはずです。できるだけリーズナブルに頼みたい場合はしっかりと費用を比較することが欠かせないため、最初からひとつの業者に絞らないよう注意が必要です。

外構工事の実情について

2019-06-29T16:09:45+09:002019/07/29|ブログ|

実際の工事は下請け企業が行う? 外構業者の実情はあまり知られていませんが、大手の業者に頼んだとしても実際には下請けがやることが多いです。その為、大手に頼むとマージンが発生する分、料金は高い傾向にあります。大手に依頼したほうが信頼性が高いように感じますが、下請けに頼むケースもありますので注意が必要です。いくつかの業者に見積もりを取って、保証や値段など総合的に考えて依頼をするのが良いでしょう。特に何か不具合があった時のアフターフォローは重要となりますので、そのあたりを比較して総合的に判断をして決めるのがおすすめです。 これから工事を依頼する方へ こうしたやり方は古くから行われていますが、なるべく安くやってもらいたいと考えたときには地域の外構業者に依頼するというのも一つの方法です。下請けをやっている側に頼むことで、より安い料金でやってもらうことが出来ます。外構をこれからやる予定という方は、いくつかの業者に見積もりを依頼して比較してから依頼すると良いでしょう。

外構工事のオープンスタイルとは

2019-06-29T16:03:25+09:002019/07/23|ブログ|

開放的な印象を与える 外構工事のオープンスタイルは、道路と敷地の間にフェンスや門扉といった境界を設置しないスタイルを指します。また、代わりに植栽を行ったりブロックやタイルを設置するなど、より自然な形で境界を区切るのが特徴です。空間を分断しないことから、外構オープンスタイルは文字通り開放的で、窮屈な印象を与えない点に魅力があります。住宅周りの見通しが良く魅力が増すので、開放的な庭を希望する人にとって朗報です。防犯面でも外構オープンスタイルは有効性を発揮しますから、新築やリフォームを検討する場合の候補としておすすめです。しかも、外構オープンスタイルはコストを抑えて実現できるので、無駄がなく合理的なスタイルだといえるでしょう。 タイルや花壇でより素敵に オープンスタイルの外構工事では住宅に面している道路との間に門扉や塀を使用しないため、開放的な印象が感じられる住環境に仕上げられます。 そこで、門扉や塀で境界を区切らないオープンスタイルでは石張りや芝生、タイルや花壇などを境界として採用する事例が多く、各家庭が持つテーマや独自性が強調させやすいという利点もあります。オープンスタイルの外構工事では高さがある塀や門扉を設置しないので、全体的に開放感が感じられやすくなる上に、室内に多くの光が入り込み明るい室内空間にさせられます。 また、庭と道路までの間に遮る物が存在しないので圧迫感を感じずに過ごせますし、駐車スペースなど年月の経過と共に変化する自宅の使い方や過ごし方にも柔軟に対応しやすいです。

外構工事の種類について

2019-06-29T15:59:05+09:002019/07/14|ブログ|

外構工事にもいろんな種類がある 住宅の周囲を対象とする外構工事には、その内容によっていくつかの種類があります。玄関や門扉に塀などの囲いもそうですが、庭まわりにも複数の種類が存在します。 例えば使用する素材の違いもその1つで、レンガやタイルを使うケースや、石張りや生け垣を用いる工事も存在します。駐車スペースも同様に、ガレージやカーポートの設置を始めとして、ウッドデッキに門柱とタイルテラスなど、実に多様な選択肢があります。外構工事では、庭まわりにしても駐車スペースにしても、どの素材をどう用いるかがポイントです。機能性やデザインを含めて、好みに仕上げるのが外構工事ですから、事例などを参考に種類を把握したり、比較検討を行うのが良いでしょう。 大きく分けると外構工事は3種類 外構工事は大きく分けてオープンとクローズ、セミクローズの3種類に分類でき各家庭の目的に応じて自由に選べます。 オープンは門や塀を一切設置しない外構なので敷地面積を余すところなく使用できますし、駐車スペースも広く設けられライフスタイルの変化や自動車の使い方の変化により、容易に駐車場所が変えられます。 クローズは庭まわりの門や塀で公道と自宅を区切る外構で、高い風格が表現できるようになるのと同時にプライバシーも守られます。 古くから行われきたクローズの外構工事と、比較的新しいオープンの外構工事の中間に位置しているのがセミクローズで、門や塀が存在しているものの従来の方式に比べ高さが低めのタイプが選ばれており双方の利点を兼ね備えています。

外構工事の施工業者選び

2019-06-29T15:55:31+09:002019/07/06|ブログ|

業者により工事の得意・不得意がある 外構工事の施工業者を選定する時は、ポイントを踏まえて比較検討や絞り込むを行うことが大切です。 最初のポイントは、希望するデザインや目的に合わせて、希望に合う外構工事業者を絞り込むことです。実のところ外構デザインには多様性があって、洋風が得意な業者がいれば和風に特化した業者も存在します。庭造りに長けている業者もありますし、エクステリアの実績が豊富な施工業者もいるわけです。 もう1つのポイントは実績と評判で、創業からの年数や実際に工事を依頼した人の評価など、事実や客観的な情報に基づいた比較検討が肝心です。外構工事はついつい安さで選んでしまいがちですが、アフターサービスや保証を含めて、後悔しないようにトータルで施工業者を選定するのが理想的です。 信頼できる業者に依頼する 外構工事の業者は色々と存在していますが、まず信頼できる業者を見つける事が大事です。規模の大きい業者に限らずに、しっかりとした実積を持っているのかが大事なポイントでしょう。外構工事はエクステリアやカーポートなど様々な物がありますが、それぞれの施工業者は専門としている得意なジャンルもある事が特徴です。自分の希望する工事に適した施工業者を選ぶ事で、クオリティの高い工事が期待できるでしょう。 また工事価格も重要な要素ですが、内容に見合った価格かどうかを確認する事も重要です。価格の安さだけを見てしまうと、工事の質や使用する材料が良くない事も考えられます。工事の内容を確認しながら、複数の施工業者の見積りを比較する事もおすすめです。

外構工事の計画段階のポイント

2019-06-29T15:51:34+09:002019/07/01|ブログ|

完成イメージが大切にする 外構工事では計画段階に間違ってはいけないポイントがあるのです。配置において、建物を置いた場合の外側のイメージを持つことが、特に大切となります。実際の土地はレベル差があるので、アプローチの取り方には注意が必要です。外構は平面的なイメージではなく、立体で考えなければなりません。高齢化社会を迎え、車椅子の利用を考えたアプローチが必要となってきます。アプローチの取り方は、建物の平面計画にも影響を与えるのです。庭の取り方が単調にならないように配慮が必要で、コーナーをうまく使うことがポイントとなります。外構は建物と同じくらい大事な要素なので、イメージを働かせて計画することが大事なのです。良い外構は自然を取り入れた、無理の無い配置となります。 外構工事の目的を明確に 外構工事を施工する上で次に大切なのは、外構工事を行う目的をはっきりとさせておく事です。当初はプライバシーを保護する目的で工事を依頼する事に決めたのにも関わらず、比較的高さが低めの塀を選定すると工事を行う前と変わらない様子で外部から敷地内が見えてしまうので、プライバシーを保護する目的で外構工事を行うのならしっかりと通行する方々から視線を受けない高さの塀を選ぶ事がポイントです。 また外構工事を行った後に配置された設備などを利用して生活を送っている様子を具体的にイメージする事も重要で、敷地内で自動車を洗車したり芝生に水やりをしたいと考えていたものの、水道の蛇口を配置した場所が使用する場所よりも遠い場合と長いホースを用意する必要が生じたり、水の勢いが弱くなるためイメージを具現化させて外構工事を行いましょう。