longevity

ホーム/longevity

About longevity

この作成者は詳細を入力していません
So far longevity has created 288 blog entries.

外構工事の種類について

2020-11-01T21:18:25+09:002020/11/01|お知らせ・更新情報, ブログ|

外構工事には門柱や門扉、庭まわりのフェンスや駐車スペース、ウッドデッキの設置などがあります。近年他の家との境界線をあえて設けない家づくりが進んでおり、はっきりとした門柱や門扉をつけることが少なくなりましたが、その分、庭まわりの植栽やガーデンルームの設置などの外構工事が進んでいます。 駐車スペースにおいてはカーポートの設置を行うことが多いですが、選ぶ材質や形状を地域によって使い分ける必要があり、雪が多い地域においてはある程度しっかりとした外構工事を行わなくてはなりません。また、海沿いの地域では塩害の影響を受けないような材質を選ぶ必要があります。どのような庭まわりや駐車スペースを設けるかによって費用が格段に違ってくるため、しっかりとした計画が必要となります。

外構工事のクローズスタイルとは2

2020-11-01T21:15:37+09:002020/10/20|お知らせ・更新情報, ブログ|

一言で外構工事といっても、そのスタイルは様々です。大きく分けると二つのものがあり、一つがオープン、二つ目がクローズスタイルと呼ばれるものです。クローズスタイルとはどのようなものなのかというと、境界線を高い壁や生け垣、門などのような背の高いもので囲んだうえで、外部からの視線をシャットアウトするものを指しています。地方の田舎よりも都市部の住宅や邸宅などに多くみられるものであり、どっしりとした門構えで重厚な印象を与えることができるでしょう。 壁や生け垣などがあることで外からの視線が気にならなくなるので、ガーデニングを楽しみたい人や、庭で家族でバーベキューを楽しみたいという場合には非常にお勧めです。どちらかというと広い庭がある住宅にお勧めの外構と言えるでしょう。

外構工事のオープンスタイルとは

2020-11-01T21:11:52+09:002020/10/08|お知らせ・更新情報, ブログ|

クローズドやセミクローズドやオープンなど外構工事の種類には様々なものがありますが、開放感を重視するならオープンスタイルがおすすめです。 オープンスタイルとは、敷地の周りをフェンスなどで覆わないその名の通りオープンなスタイルの外構工事のことです。 外から見ても中から見ても開放的で日当たりも風通しも良くなりバルコニーの植物の生育にも良い影響がもたらされる、フェンスが無いので死角が生まれずセキュリティレベルが向上して防犯対策としても有効的、セミクローズドスタイルやクローズドスタイルよりも外構工事のコストが抑えられるなどのメリットがあります。融通が利くのでリフォームもしやすくなりますし、外から見られているという意識が働くのでガーデニングなどにも力が入り外観の審美性が保てるという効果も期待できます。

外構工事の実情について

2020-11-01T21:10:45+09:002020/10/01|お知らせ・更新情報, ブログ|

家を建てるときに不可欠なのが外構工事です。 敷地内の建物以外の部分は、すべて外構に含まれています。 外構工事の実態は下請体質が蔓延し、基本的に保守的な構造になっています。 昔とは異なり現在は大きな資本を持つ企業が力を持っているため、ゼネコン式のピラミッド型が主流です。 元請になるハウスメーカーは、下請に対して品質の向上やコスト削減を求めます。 下請の会社も外構施工のプロなので、ハウスメーカーの要求に真摯に対応してます。 元請会社には多くの職人が在籍し、専門的な仕事をします。 最近は経済的な理由からプランナーや現場監督、職人を社長が兼任しているような元請会社もあります。 コスト削減のためには人件費を削る必要があるため、苦労している会社も多いです。

外構工事の相場価格について:アプローチ編

2020-11-01T21:09:45+09:002020/09/30|お知らせ・更新情報, ブログ|

家を建築した後に問題になるのが玄関周りのアプローチです。外壁、門扉、ポストやインターフォンなど外構工事をしなければいけません。アプローチはその家の顔と言える部分です。 そのため家屋に見劣りしないよう、バランスを考えて公示する必要があります。 相場は家屋の価格の10%前後であると言われています。外構に数百万円かける人もいますが、家屋の雰囲気よりも豪華過ぎてもバランスがよくありません。相場を念頭に家との調和を考えて設計する必要があります。 門扉わきのカーポート、ガレージ、外壁周りのフェンスや塀を設置するとなると、さらに50万円から100万円の費用が掛かります。またアプローチ部分に造園などするとさらに数万円費用が掛かることも考慮して設計することが大事です。

外構工事の相場価格について:カーポート編

2020-11-01T21:08:40+09:002020/09/10|お知らせ・更新情報, ブログ|

外構工事の一つ、カーポートを検討している人もいるかもしれませんが、価格の相場が気になるところです。カーポートの具体的な価格相場としては、カーポート本体は、安いものでは10から20万円ほどであるといわれていますが、様々な条件により価格は大きく変動します。   メインとなるものが屋根の素材や機能ですが、これによっても料金は異なるでしょう。さらに設置にかかる施工価格の相場は、4万円ほどが標準価格となっています。しかし既存のカーポートがあるのか、残土処理が必要なのか、地面がコンクリートで穴あけが必要なのかなどによっても、オプションがあれば1から2万円ほど費用は追加されるでしょう。 そのほかにも周りにフェンスを設置するなどのオプションがあれば、その分上乗せとなります。

外構工事とは

2020-11-01T21:06:58+09:002020/09/01|お知らせ・更新情報, ブログ|

外構工事とは、住宅本体以外の外回りの工事全般のことです。例えば、敷地入口の門扉・門柱・門灯・表札や、敷地周りの塀・フェンス・生垣、玄関アプローチの敷石・砂利・コンクリート、自家用車を停めておく駐車場・ガレージ・カーポートなどが挙げられます。加えて、植栽やウッドデッキ、土地の水勾配やU字溝、マンホールやメーター類の移設も外構工事の対象となります。 また、外構と一口に言ってもその種類は大きくクローズド・オープン・セミオープンの3種類に分けられます。クローズドは敷地周りを塀やフェンスなどで囲ってしまうタイプ、オープンは塀やフェンスなどをあまり設置しないタイプ、セミオープンはクローズドとオープンの中間的な位置づけのタイプとなります。これら3種類の外構は、それぞれ一長一短があるため、それぞれの特徴を理解した上で計画を進めることが大切です。

外構工事の計画段階のポイント

2020-11-01T21:06:19+09:002020/08/22|お知らせ・更新情報, ブログ|

外構工事を施工する前には、計画段階で何をどこに配置していくのかというゾーニングが大事なポイントです。道路や隣地などには敷地の境界線がありますので、配置できる範囲を確認して大まかなイメージとして庭やガレージ、門扉などの設置場所を決めていきます。 外構やエクステリアをどんなイメージで仕上げたいのかをある程度明確にしておくと、カラーやデザインを決定する時にもスムーズに進みます。細かな部分としては、まずガレージや駐車スペースは家の前の道路の状況を確認して、出し入れしやすい配置にしましょう。また庭は住宅の配置であったり、間取りなども考慮して広さや場所を決めていきます。そしてデザインや色の面では、家のデザインや周辺の景観なども考慮してイメージしていくのが良いかも知れません。

外構工事の施工業者選び

2020-11-01T21:02:10+09:002020/08/10|お知らせ・更新情報, ブログ|

家の外壁塗装との相性やデザイン性やバルコニーとの兼ね合いや近所の人への挨拶や規制や条例など、外構工事をする際に気を配ったり注意したりこだわったりすべきことはたくさんありますが、施工業者選びもその代表的なものです。施工業者選びをするときに比較したほうが良いポイントとしては、希望する外構工事と業者が行っているサービスがぴったり合致していてしっかりとニーズに応じてくれる、企業としての理念や施工におけるコンセプトが明確で共感できる、施工実績が豊富で人材育成にも力を入れており確かな技術や知識を有した経験豊富なスタッフが揃っている、価格が適正で相場と比べてもリーズナブルで相談や見積は無料で対応しているなどがあります。   外構工事が終わってからも施工業者とは長い付き合いとなりますので、アフターサービスの充実度もチェックしておきましょう。

外構工事の計画を立てる

2020-11-01T20:58:51+09:002020/08/02|お知らせ・更新情報, ブログ|

もっと雰囲気を変えたい等の理由で外構工事をしたいという人は専門の業者に依頼しましょう。専門家が外構工事の計画を立てるのでミスやトラブル無く終える事ができます。 業者に依頼したいけど料金が心配という人は多いですが、予算を伝えればそれに収まるようにきちんと計画を立てます。理想の外構を実現したいけど、何もかも全くわからない場合でもそれを伝える事で業者側が色々な提案をします。 外構工事をプロに依頼する大きなメリットはプロのデザイナーが考えるデザイン性の高さです。もちろん機能性も重視しており、住む人は常に快適でいられます。 アフターサービスもぬかりありません。万が一何かがあった時やアドバイスをしてほしい時はすぐに連絡できます。長期保証もついているのも魅力です。