longevity

ホーム/longevity

About longevity

この作成者は詳細を入力していません
So far longevity has created 233 blog entries.

近年のエクステリア工事が多くなった理由

2019-10-13T00:00:56+09:002019/10/13|ブログ|

リフォーム増加の背景にはバブル? いっときのバブル崩壊から景気は低迷を続け、近年になってようやく抜け出した感じのある経済の影響はリフォームにも及んでいます。築年数の比較的新しいマンションや一軒家をリノベーションして新築のようにするのが流行しているものの、以前とはすこし様子が異なっている部分があります。少子高齢化で人口も減り、部屋余りになりかけているため他との差別化が必要になってきているのです。そのため、内装インテリアはもちろんのことエクステリアにもきっちりとしたコンセプトをもち、統一感のある利便性と見た目を兼ね備えた住宅の需要が高まっています。エクステリア工事も非常に人気となっており、腕の良い業者は予約でいっぱいという状況もあるのです。

外構工事完了後のメンテナンスについて

2019-10-01T15:52:48+09:002019/10/01|ブログ|

業者でなくてもメンテナンスは可能? 外構工事はお庭を綺麗に整える事や希望に応じたリフォームが行なえますが、工事完了後にもメンテナンスしておく事で美しい状態を保つ事ができます。フェンスやコンクリート、タイルなどの破損や汚れをチェックする事は、自分でも比較的簡単に行えるメンテナンスです。 またガーデニングのお手入れは自分で行うには大変な部分もありますので、外構工事会社のアフターサービスを利用する方法もあります。プロの視点から適切な時期にメンテナンスを実施してくれますし、丁寧できめ細かい作業が綺麗な庭として維持する事にも繫がります。専門の会社ならではの知識がありますので、芝生やコンクリートなどが劣化する前に判断できるという点もメリットです。

外構工事をする際に考えておきたいこと

2019-10-01T15:55:46+09:002019/09/28|ブログ|

外構工事は動線から考える 外構工事は屋外の敷地に施す工事ですが確保するスペースの広さや場所、設備などの配置により自宅内で過ごしている時の過ごし方にも影響するので、自宅内から見える風景はもとより玄関から道路に出るまでの動線についてもイメージして計画を立てていきましょう。動線をイメージして計画する事ができれば駐車した自動車に乗り込む際や、洗濯物を干すために物干し場に移動するといった行動が自然かつ快適に行えるようになります。 また、外構は表面上に見えている事柄に限らず、地中の中に埋められている設備についても考慮する必要があり、計画的に水道管を引き込む場所を決めると今後僅かに外構工事を行った場合でも、これまでと変わらず利便性が高い位置に蛇口が設置できます。

外構工事とはどの部分のことを指すのか?

2019-10-01T15:59:33+09:002019/09/20|ブログ|

外構工事とは 「外構工事」というのは、建物本体以外の外部廻りの工事の事になります。例えば舗装の工事であったり、排水工事、造園などの庭を作るという事もこれに含まれると考えてもいいでしょう。この反対の言葉として内装工事があり、こちらはインテリア工事とも言われますから、この外構工事はエクステリア工事というようにも言われるので注意をしておいた方が良いかも知れません。 よくあるのは堀や柵、垣根などを作るというような工事になるのかもしれません。リフォームなどでも需要がかなりあるので、これを専門的に施工するような業者もいます。家を造るような時には内装に目がいきがちですが、いざ建てて見るとその外が気になるので、この外の部分を後でいろいろと手を加えるという事も良くあります。

建築関係で欠かせないエクステリアデザイナーの役割について

2019-10-01T16:02:05+09:002019/09/14|ブログ|

エクステリアデザイナーの役割 建築関係で欠かせない仕事の1つとして、エクステリアデザイナーが挙げられます。塀や門などのデザインやそこから玄関までのアプローチ、カーポートなどの建物の外装に関わるデザインを担当する仕事です。 お客さんや建物の設計施工者との打ち合わせを通して希望するイメージを理解し、ラフデザインに描き起こした後に、様々な素材を組み合わせたり既製品を使ったり、時にはハンドメイドをしたりして具体的な外装の形をまとめて行きます。エクステリアのリフォームなども気をっていることが多く、年々その需要が高まっている職業です。エクステリアデザイナーとして活躍するためには、国内外のエクステリアの流行を見抜く敏感な感性が求められます。

外構工事を依頼する際は、必ず元請業者に確認する

2019-10-01T16:04:56+09:002019/09/09|ブログ|

必ず元請業者に確認をする 外構工事をイメージした時、まず思い浮かぶのは建屋本体工事に「付帯する工事」だと思います。実際に、外構工事を請け負う業者は、建屋本体と別途発注になるケースが多く、元請ではなく下請業者になることがほとんどです。そのため、元請業者の指示や管理が適格でないと、現場での品質が確保されにくいという実情があります。それを避けるために重要なのは、建屋本体と外構工事を別途発注とせず、一括発注により元請業者にしっかりと管理させることです。 また、外構工事であっても標準仕様と呼ばれる技術的な指針があるため、図面や工事図書で事前に確認し、下請業者への認識を徹底させるのも元請業者の役割です。下請業者の独自の判断による工事をさせないことが、よりよい外構工事につながります。

アプローチの工事にかかる費用と相場の価格について

2019-10-01T16:07:16+09:002019/09/02|ブログ|

アプローチ工事の相場価格 外構の玄関アプローチ工事の相場は、デザインにより費用が異なります。タイルを用いて工事をすることが多いですが、1平米12000円から15000円と考えて間違いありません。使用するタイルにより異なるため、注意する必要があります。 ブロックを互い違いに組み合わるインターロッキング工事を行う場合は、1平米あたり9000円から13000円が相場となります。飛び石の施工を行う場合は、縦30センチ横60センチの敷石を利用する場合、1枚あたりの設置工事を含めた相場は3000円から4000円と考えておくと間違いありません。敷石周りに砂利を敷き詰める場合は、工事面積によって異なりますが、100000円から130000円が相場となります。

外構工事完了後のメンテナンスについて

2019-10-02T13:18:25+09:002019/08/30|ブログ|

保つためにはメンテナンスが必須 外構工事完了後には、定期的なメンテナンスをすることによって施工当時のような美しい外観を保つことができるようになります。施工した内容によって、時期や必要な処理などは異なりますのでメンテナンスの事も含めてあらかじめ相談するのがお勧めです。外構工事に限らず、住宅づくりにはメンテナンスは必要不可欠となります。 必要な手入れを欠かさないことで、外構の寿命も長くなりますので施工の費用があまりかからずに美観を保つことができる方法を選ぶのがお勧めです。メンテナンスとしては、ひび割れの処理や変色の塗装やその他経年劣化を起こしている部分の施工をするのが一般的となります。定期的に確認をしてくれる業者なら、安心して依頼できます。

2019年 外構工事のトレンドについて

2019-10-02T13:18:01+09:002019/08/23|ブログ|

今年のトレンド 2019年の外構工事のトレンドは、緑を適度に使って涼しげでメンテナンスの手間や費用があまりかからないタイプが人気を集めています。外構は、お金や手間を掛ければいくらでも豪華になりますが継続し続けるのは大変です。手間やお金をあまりかけずにきれいな状態を保つことができる材料を使って、コストパフォーマンスを重視した外構工事がトレンドです。海外の戸建て住宅のように、外壁を取り払ってカーポートをエントランスの部分に作る外構も流行しています。 また庭を造るかどうかも一つのポイントとなりますが、庭も手入れが必要になりますので忙しい子育て世代では、手がかからないように雑草の生えない土を使うなどの工夫をする事例が多いです。

外構工事をする際に気をつけるポイント

2019-10-02T13:09:21+09:002019/08/17|ブログ|

気をつけるポイント その1 外構工事をする際に気をつけるポイントとしてもっとも重要なことは、使い勝手を具体的にシミュレーションして考えるということです。住宅の中で生活をする動線を考えるのと同じように、敷地の入口に入ってから玄関までの動線がどうなるか、駐車スペースや駐輪スペースからはどうなっているのか、水栓から水を撒く場所へは適しているのかなど、様々なシミュレーションを行う必要があります。具体的なシミュレーションを行うことによって、使い勝手についての失敗を防ぐことにつながります。 また無駄に広い場所やデッドスペースを作らないことも大切です。本来確保するべきスペースを犠牲にしてまで広いスペースを取ってしまっては、住んだ後にストレスになることが考えられます。計画の段階で、スペース確保の優先順位をよく考えましょう